外国のお金に投資をしてみよう

外国為替取引とは

外国為替取引とは

FX(外国為替保証金取引)は異なる2国間の通貨取引をさし、この2国間の通貨を通貨ペアと言います。

 

FXは異なる国の通貨売買に関わる利益を上げることが、取引の基本です。

 

海外旅行の際、日本円を現地の通貨にするとき、例えば、アメリカなら日本円をドルへと換金します。

 

この換金、すなわち通貨同士の交換もFXなのです。

 

そして、ドルと円を交換するためにはそれぞれの通貨の価値が分からなくては配分ができません。

 

その価値をを割り出すために数字を用いて『レート』というものが存在します。

 

レートは「外国為替レート」や「交換レート」と呼ばれ《1ドル=112円20銭》などと表されます。

 

このレートは世界中の銀行同士や仲介業者を通じた取引によって決められています。

 

「FXのマーケットは眠らないと」いわれることがあるのですが、これはFXのレートが株式市場と違って24時間変動し続けていることからそう呼ばれ、この24時間動き続けるレートこそ、FXの最大の特徴とも言えます。


ホーム
外貨の売買 世界の基軸通貨 外国為替取引とは 外国為替取引の種類 通貨ペアについて